福岡・福岡市で会社設立の手続き

福岡株式会社/合同会社/一般社団法人設立福岡市司法書士/行政書士斉藤事務所が法務局の設立登記までの全てをスピーディーにお手伝いさせていただきます。
 
顧問契約による設立後の追加費用は一切必要ありません

 

事務所代表 斉藤渉

斉藤司法書士/行政書士事務所 斉藤 渉
福岡県司法書士会員登録番号 福岡第668号
簡裁代理業務認定番号 第429006号
司法書士行政書士土地家屋調査士
福岡市南区高宮5丁目3番9号  エルソール高宮2階 
TEL.092−400−7600

 

ご相談者様の都合が良い日時を気軽に下記の電話番号・メールアドレスにご連絡ください。初回1時間程度の無料相談となります。

 

TEL 092-400-7600

 

e-mail saitou-office@beetle.ocn.ne.jp

会社設立費用

 

株式会社設立(登記費用込)

 

税込270,000円

 

内訳 定款認証  5万2千円
   登記印紙代 15万円
   報酬    6万8千円

 

合同会社設立(登記費用込)

 

税込114,000円

 

内訳 印紙代   6万円
   報酬    5万4千円

 

一般社団法人設立(登記費用込)

 

税込180,000円

 

内訳 定款認証  5万2千円
   登記印紙代 6万円
   報酬    6万8千円

法人設立の流れ

 

先ず打ち合わせが必要ですが、ご依頼者にしていただくことは簡単です.
 
@商号・事業目的・役員などの基本事項の決定
A法務局登録印鑑の作成または作成依頼
B個人の印鑑証明書を市役所で取得
C当事務所作成書類に押印
D資本金を銀行に振り込み、通帳コピーを持参・送付

 
設立手続きの流れ
 
定款内容の打ち合わせ
  ↓
登録会社印鑑作成準備
  ↓
個人印鑑証明書取得
  ↓
弊所作成書類に押印
  ↓
定款を公証役場で認証(合同会社は不要)
  ↓
資本金を銀行に振込み/コピー持参・メール送信
  ↓
法務局設立登記申請
  ↓
 完了
 
登記完了後に印鑑カード・ご依頼通数の登記事項証明書、印鑑証明書を
お渡しいたします。


法人設立手続きを司法書士に依頼するメリット

法人の設立は、法務局で設立登記が完了することで成立します。設立登記の完了が会社設立の要件になっています。
 
法務局での会社設立登記申請の代理権がある資格は司法書士・弁護士ですが、もっぱら登記を専門に扱うのは司法書士です。

 

司法書士・弁護士以外の資格者に会社設立を依頼する場合は、これらの事務所には登記申請代理権がありませんので 、この場合はご本人が法務局に出向いて申請するか、司法書士・弁護士に登記の申請を別に依頼する事になりますので手続きが複雑で面倒になります。
 
当事務所は司法書士資格で会社設立の登記申請まで代理できますので、一か所で手続きが完了します。
 
ご依頼者 の手間が省ける低コストの手続きとなっています。


税理士・社会保険労務士によるサポート

顧問契約まではしたくないが、法人の立ち上げの時だけでも税理士さん、社会保険労務士さんにちょっと相談したい。税務署や社会保険事務所などの届け出もしてもらいたいと希望される方には、税理士・社会保険労務士による便利なサポートコースをご用意しています。
 

税理士サポート 3万2400円 税務署等への開設届、会計ソフト導入、記帳の助言、1ヶ月間の税務相談対応

社会保険労務士
サポート


3万2400円

社会保険事務所等への開設届、1ヶ月間の社会保険、健康保険、労働保険等の相談対応

各法人の特徴

 株式会社/合同会社/一般社団法人は全て法人格があり永続的に活動していく立派な法人に代わりないのですが、それぞれの特徴があります。

  株式会社 合同会社 一般社団法人
設立の目的 利益を追求 利益を追求 設立の目的に制限はなく、公益的事業・収益事業もできる
最初の社員数 1名でも可 1名でも可 2名以上
定款 定款を作成して公証役場で認証必要

定款を作成
公証役場での認証不要

定款を作成して公証役場で認証必要
利益の分配 利益は株主に株式数に応じて配分される

利益は社員に配分される
出資割合に応じなくていい

利益は社員に配分出来ない
給与・賞与は貰える

認知度・信用度 歴史もあり社会に広く普及しているので認知度・信用度は高い 歴史が浅く認知度・信用度は低い 歴史が浅く認知度・信用度は低い

 

更新履歴